サンバル:スパイシーなスープ

シェフの話: サンバルは南インドやスリランカで広く親しまれる料理です。香辛料で軽く味付けされたレンズ豆がタマリンドとココナッツのソースに入っています。 温かいサンバルに、ご飯を添えて召し上がってくださいね。材料は、どのアジア食料品店でも手に入るものばかりです。タマリンドの果肉の代わりに、タマリンドペーストを使用してもよいでしょう。

NAGARAM

材料

人数分: 4 

  • 木豆 200g
  • タマリンド(果肉) 100g
  • 緑パプリカ 1個
  • コリアンダーシード 小さじ1 1/2
  • 乾燥ココナッツ 大さじ1
  • サラダ油 小さじ2
  • クミンシード 小さじ1
  • 450ml
  • 100ml
  • トマト 1個
  • 黄ひよこ豆 小さじ1
  • 鷹の爪 2本
  • マスタードシード 小さじ1
  • ヒン(アサフォエティダ)の粉末 小さじ1/4

作り方

準備:30分  ›  調理:15分  ›  料理:45分 

  1. 鍋に木豆と水450mlを入れ一旦沸騰させ、中火弱に下げたら、柔らかくなるまで約15分茹でる。
  2. 別の片手鍋に、タマリンドの角切りと水を入れ、煮立った状態を保ちつつ、具が柔らかく煮え、水分がほぼ半分に減るまで煮る。
  3. (2)が煮えている間、コリアンダーシード、黄ひよこ豆、ココナッツ、鷹の爪をすり鉢又は、フードプロセッサーでペースト状にする。これを(2)に加え(1)を足し、全てがむらなく合わさるようにかき混ぜ、一旦沸騰させて火から下ろす。
  4. 小さめのフライパンにサラダ油を中火で熱し、マスタードシード、クミンシード、ヒンを加える。マスタードシードが弾け、良い香りが漂い始めたら、火から下ろして(3)に混ぜ入れて、熱いうちにいただく。

Tip

木豆はトゥール豆とも呼ばれ、広くインドで消費されている豆の種類で、東南アジア食料品店もしくはインターネットで入手可能です。えんどう豆の半割り豆又は、イエロースプリットピー(半割)を代用してもよいでしょう。 

脚注

● ヒン(アサフォエティダ)は、インドではヒングと呼ばれ、和名は阿魏(あぎ)。英語ではジャイアント・フェネルとも呼ばれ、3mになるセリ料の植物で中東、アフガニスタン、インド北部が原産地。 ● タマリンドとは、熱帯アフリカ原産のマメ科のチョウセンモマダのことでマメの仲間。 独特のうまみがあるため、果実を香辛料、調味料として東南アジア諸国で広く利用されています。酸っぱく アンズか梅のジャムの様。東南アジア系食料品店にて入手可です。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る