トマトとバジルの食パン

シェフの話: トマトジュースを買ったのに、夫が飲んでくれなくて困っていましたが、食パンに混ぜることを思いつき、作ってみました。これだと、ずるっとしがちなトマトをはさまないでサンドイッチを作れるので、お弁当にも持って行きやすいですよ。

MrsNorico アメリカ合衆国 Washington

材料

人数分: 10 

  • A 強力粉 620g
  • A ドライイースト 13.5g
  • B トマトジュース(塩分ゼロ) 495g
  • C オリーブオイル 30g
  • C ドライトマト* 100g
  • ★グルテン粉はなければ強力粉に置き換えても問題ありません。
  • A グルテン粉(★) 55g
  • A 砂糖 34.5g
  • C 塩 10.5g
  • C 乾燥バジル* 大さじ5〜6
  • *は、練り込む時にちょっと多すぎるかも?くらいが丁度いいです。

作り方

準備:10分  ›  調理:3時間  ›  料理:3時間10分 

  1. Aを大きめなボウルに合わせておきます。
  2. Bを電子レンジで45℃くらいに加熱します。
  3. (1)に(2)を一気に加え、手でよく混ぜ、生地がかたまってきたら、ボウルから作業台に出して、手でよく捏ねます。
  4. ねばりが出て来て、手応えを感じ始めたら、Cを加えて、更によく捏ねます。
  5. 内側に油を塗ったボウルに生地を戻し、温かいところで生地が倍量になるまで寝かせましょう。(一次発酵:大体45〜60分くらいかかります。)
  6. 生地をボウルから作業台に出して、パンチ(ガス抜き)してから、6等分に丸めて、ベンチタイムを15分ほどとります。
  7. 一つずつの生地の外側を下に隠すように丸めていきます。
  8. パン型(私はパンドミー長型を使っています)の内側にショートニングをむらなく塗り、そこへ6つに丸めた生地をお行儀よくきちんと並べます。(生地のつるっとした部分が上にくるように置いてください。)
  9. 霧吹きで生地の上にかるく水をふきかけ、再び発酵させます。(二次発酵:ここでも1時間ほど様子を見てください。)
  10. 生地がパン型の縁下1cmくらいになったら発酵終了です。
  11. 蓋をつけて焼く場合は、160℃に予熱したオーブンで10分ほど焼き、190℃に揚げてから更に20分ほど焼きます。蓋無しの場合は150℃から始めてください。
  12. 焼けたら型を一度床にバタンと叩き付けて(バスタオルなどを敷いておくといいです。)蓋をはずし、型からパンを出して、網の上に置いて冷まします。(熱いうちはスライスしないでください。)
  13. 冷めたら、サンドイッチ用に薄切りして、野菜やハムなどを挟みましょう。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る