イタリア人が作るティラミス

シェフの話: お客様を招いたときの食事の最後に、とても喜んでもらえるデザートです。前もって作って冷蔵庫で冷やしておけばいいので、お助けの一品でもあります。

ZAYO アメリカ合衆国 Washington

材料

人数分: 8 

  • マスカルポーネチーズ 225g
  • グラニュー糖 100g
  • フィンガービスケット 適量
  • インスタントコーヒー 大さじ1
  • 125ml
  • 生クリーム 200ml
  • 卵黄 3個分
  • (カステラやスポンジ等でも代用化)
  • コーヒーリキュール 大さじ1

作り方

準備:25分  ›  調理:1分  ›  料理:26分 

  1. 水、分量分の約1/3を電子レンジで温め、インスタントコーヒーをお湯にとき、完全にとけきったら残りの分量分の水とコーヒーリキュールを加えておく。
  2. 砂糖の半量分を生クリームに加え8分立てにし冷蔵庫に入れておく。
  3. 残り半分の砂糖を卵黄に加え、湯煎(約60℃~70℃)にかけながら白くもったりとマヨネーズ状になるまでハンドミキサーでよくまぜる。
  4. 卵黄を泡立てたボールに室温にもどしたマスカルポーネチーズを入れ、ゴムベラをボールの側面にあてがいながら全体をよくなじませる。
  5. マスカルポーネチーズのダマがなくなったら、冷蔵庫から生クリームをとりだし、マスカルポーネ生地に生クリームを3~4回に分けて加え、そのつど、なめらかになるまでよく混ぜる。
  6. フィンガービスケットの砂糖のついた表面(片面のみ)をコーヒーに約2秒浸し、浸した面を上にし器に並べていく。
  7. 器に並べたフィンガービスケットの上に半量分のマスカルポーネ生地を流し入れ、その上にフィンガービスケットを並べ、残りのマスカルポーネ生地をしき、2層のレイヤーにしていく。
  8. 最後にココパウダーをふりかけ、生地をおちつかせるために最低4時間以上冷蔵庫にねかせる。

【アドバイス】

フィンガービスケットの変わりにカステラを代用しても美味しくできます。リキュールはコーヒーリキュールでなくても、甘さが強いアマレット等を使用しても可。マスカルポーネチーズは必ず室温にもどしてから使用して下さい。贅沢にマスカルポーネの味がしっかり味わえる分量です。分量を増やしたい時、生クリームを無駄にしたくない時には250ml分の生クリームを使用しても美味しくできます。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る