鶏肉とアスパラガスのソテー ワイルドライス添え

シェフの話: 鶏もも肉をアスパラガスと一緒に炒めて、ワイルドライスを添えるだけの、とっても簡単で美味しいメニュー。

VISTACO

材料

人数分: 2 

  • 鶏むね肉 2枚
  • ワイルドライス 450g
  • アスパラガス 225g
  • 海鮮醤 大さじ3
  • ピーナッツオイル 大さじ4
  • ブラウンシュガー 大さじ1

作り方

準備:20分  ›  調理:10分  ›  料理:30分 

  1. アスパラガスの下の固い部分を切り落とし、2~3cmの長さに切る。ボウルに、海鮮醤とブラウンシュガーを混ぜておく。ワイルドライスを炊いておくか、または調理済みのものを温めておく。
  2. 中華鍋を中火にかけ、鍋が熱くなったら、鍋の淵に大さじ2の油を回しかける。アスパラガスを約2分炒め、鍋から取り出す。
  3. 鍋を強火にかけ、大さじ2の油と一口大に切った鶏肉を入れ、鶏肉に完全に火を通す。アスパラガスを戻し入れ、(1)で作った調味ソースを加え、絡める。ライスの上に盛り付ける。

脚注

このメニューは、春先のアスパラガスが旬な時期にピッタリですが、その他の季節には、絹さやなど他の野菜を使ってみてください。注意することは、野菜を炒めすぎないことです。
ワイルドライスとは、多くのビタミン・ミネラルを含んだ、低脂肪の栄養豊かな健康食で、元来北アメリカの先住民(アメリカンインディアン)の固有の穀物とされてきました。ナッツ類にも似た香ばしい香りと、モチッとした食感が特徴で、30分~1時間程茹でてから使います。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る