サンマの八幡焼き

シェフの話: ゴボウをサンマでぐるりと巻いて煮込んだ八幡焼きは京都の郷土料理で有名です。素朴でじんわりとした優しい味は、おせち料理の一品としても知られています。

cookingmama

材料

人数分: 4 

  • サンマ 4尾
  • 長ねぎ(焼く、5cmぐらいに切る) 1本
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 1/2カップ
  • 長ねぎ(焼く) 適量
  • ゴボウ(ゆでる) 4本
  • 4カップ
  • 醤油 1/2カップ
  • 生姜 1~2かけ

作り方

準備:15分  ›  調理:25分  ›  料理:40分 

  1. サンマを3枚におろし、腹骨をとる。片栗粉をたっぷりまぶす。
  2. ゴボウは15cmくらいに切り、4本くらい束にし、サンマをらせん状につなぎながら巻いていく。更に表面に片栗粉をたっぷりまぶす。
  3. サラダ油を多めに入れて焼く。止め口を下に静かに焼き付ける。まわしながら火を通す。
  4. だし汁を煮立て、サンマを入れて煮込む。
  5. 食べやすい大きさに切って、皿に盛り、だし汁をかけ、ねぎをそえる。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る