栗ご飯

シェフの話: 栗の皮をむくのは確かに大変ですが、炊き上がったばかりのホクホク感とそのおいしさを思えば我慢できます。秋になったら1度は食べたくなるご飯です。ぜひ挑戦してください。ご飯は、2合以上で炊く方がおいしくできます。

日本 東京都

材料

人数分: 4 

  • 2 合
  • 200 g
  • A 酒 大さじ1
  • A みりん 大さじ1
  • A 「瀬戸のほんじお」 小さじ1
  • A 「味の素」 少々
  • 黒ごま 適量

作り方

準備:30分  ›  調理:30分  ›  料理:1時間 

  1. 米はといでザルに上げ、約20分おいて水気をきる。
  2. 栗はたっぷりのぬるま湯に(35~36度)に約10分浸し、鬼皮(外側の硬い皮)をやわらかくする。
  3. 栗の底の部分を包丁で切り落とす直前まで切れめを入れ、底から先端に向かってはぐようにして鬼皮をむく。
  4. 残った渋皮(内側のやわらかい皮)をむき、1/4等分にし、約10分水に浸す。
  5. 米を炊飯器の内釜に入れる。Aを加え、内釜の目盛りまで水を加え、ひと混ぜする。栗をのせて炊く。
  6. 炊き上がったら全体を混ぜ、器に盛り、黒ごまを散らす。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る