広島風お好み焼き

シェフの話: 野菜がたっぷりとれる広島風のお好み焼き。こちらでは基本のものをご紹介していますが、あれこれアレンジして、こだわりのものを作り上げてみてください。生地をひっくり返した後、すぐにヘラで押さえず、野菜を蒸し焼きにするのがコツです。

日本 東京都

材料

人数分: 4 

  • 大さじ2
  • A水 3/4 カップ
  • A 小麦粉 2/3 カップ
  • キャベツ 1/2 個
  • 削り節 8 g
  • 揚げ玉 40 g
  • お好み焼きソース 大さじ4
  • お好み焼きソース 大さじ8
  • 青のり 小さじ4
  • 「AJINOMOTO ヘルシー
  • 「ほんだし」 小さじ山盛り1
  • A 溶き卵 1 個分
  • A 「瀬戸のほんじお」 小さじ1/4
  • 豚ばら薄切り肉 12 枚
  • もやし 1 袋
  • 中華めん 4 袋
  • 4 個
  • 青ねぎ 80 g
  • 紅しょうが 20 g
  • ピュアライト」 大さじ1 1/2

作り方

準備:10分  ›  調理:15分  ›  料理:25分 

  1. ボウルに湯と「ほんだし」を入れて溶かし、Aを順に入れてよく混ぜ合わせる。
  2. キャベツは3mm幅のせん切りにし、豚肉は半分に切る。
  3. ホットプレートに薄く油をひき、高温(200度)に温める。生地を1/4量弱流し入れ、直径20cmぐらいに丸く広げる。
  4. 表面が乾いてきたら削り節、キャベツ、もやし、揚げ玉の1/4量をのせる。更に、豚肉3枚を広げてのせ、生地を少量かける。
  5. 生地に焼き色がついたら裏返し、フタをして蒸し焼きにする。
  6. ホットプレートの別の場所で中華めん1袋を炒め、お好み焼きソース大さじ1をからめておく。
  7. 豚肉とキャベツに火が通ったら木ベラで軽く押さえ、中華めんの上にのせて、丸く形を整える。
  8. ホットプレートの別の場所に卵1個を割り、黄身をつぶして丸く広げる。半熟になったら、お好み焼きをのせて裏返し、お好み焼きソース大さじ2を塗り、青のりをふりかけ、青ねぎ、紅しょうがをのせる。
  9. 残りの3枚も同様に焼く。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る