ビーツのハマス

シェフの話: 伝統的なハマスを、ひよこ豆、玉ねぎ、タヒニ、にんにく、レモン、クミン、オリーブ油で仕上げ、ビーツを加えて香りと色を添えました。

KIMBERLEE

材料

人数分: 8 

  • 乾燥ひよこ豆 226g
  • 玉ねぎ 大1個
  • ビーツ 450g
  • タヒニ(練りゴマ) 大さじ7
  • にんにく 3かけ
  • レモン汁 大さじ4
  • 粉末クミン 大さじ1
  • エクストラバージンオリーブ油 大さじ4

作り方

準備:25分  ›  調理:20分  ›  料理:45分 

  1. ひよこ豆をボールに入れ水で浸し、一晩おく。
  2. ひよこ豆をザルに上げ、大鍋に入れる。玉ねぎのみじん切りを加え、材料がかぶるまで水を入れ、中火にかけ沸騰させる。1時間、又は、ひよこ豆が柔らかくなるまで茹でる。ザルに上げ、冷ます。茹で汁を250mlとっておく。
  3. その間、鍋に皮つきのままのビーツを入れ、かぶるまで水を入れ、中火で沸騰させる。柔らかくなるまで茹で、ザルにあげる。冷めたら皮を剥き、乱切りにする。
  4. フードプロセッサにビーツを入れ、ピューレ状にする。ひよこ豆、玉ねぎ、タヒニ、つぶしたにんにく、レモン汁、クミンを加え、なめらかにする。機械を回している間、少しずつ、豆の茹で汁とオリーブ油を加える。全体が、しっかり馴染むまで混ぜる。盛付けの際、オリーブ油を少量回しかける。

脚注

● ビーツとは、テンサイの変種。蕪のような形で、芯まで赤く、独特の甘味があるのが特徴。切って茹でると色が流れるので、皮つきのまま茹でましょう。サラダや酢漬けによく用いられます。 ● タヒニとは、地中海や中近東でよく使われる胡麻ペースト。手に入らなければ、練り胡麻を代用してください。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る