チリ・コン・カルネ

シェフの話: トマティロで作った、メキシコ風ソース。元来は豚肉と合わせるのが普通ですが、牛肉、豚肉、鶏肉・・・何でもよく合います。トマティロ(緑のトマト)が見つからなければ、オーガニックの赤トマトを使ってくださいね。スパイスは、お好みで調節してください。このメキシカンのご馳走メニューを、ご飯にのせてどうぞ!

trooworld

材料

人数分: 4 

  • 豚ロース肉(骨なし) 4枚
  • ガーリックパウダー 小さじ1/2
  • ライム汁 1個分
  • ソース
  • トマト 1個
  • 赤唐辛子 少々
  • 小さじ1/2
  • 黒胡椒 小さじ1/4
  • 小さじ1/2
  •  
  •  
  • トマティロ 10個
  • ハラペーニョ(又は青唐辛子) 2個
  • にんにく 1かけ

作り方

準備:15分  ›  調理:30分  ›  料理:45分 

  1. 豚肉は脂肪を切り落とし別に取っておき、細切りにする、塩、胡椒、ガーリックパウダーで下味をつける。ライム汁を絞りかける。
  2. フライパンを中火にかけ、豚の脂を入れ、フライパン全体に脂を塗る。脂を取り除き、豚肉を入れ、こんがり焼き色がつくまで5分焼く。
  3. その間、ソースを作る。皮を取り半分に切ったトマティロ、四つ割りにしたトマト、種を取り半分に切ったハラペーニョ、細かく砕いた赤唐辛子を入れ、一度沸騰させ、柔らかくなるまで煮込む。余分な水分を除き、ミキサーかフードプロセッサに入れ、にんにくと塩を加え、なめらかになるまで混ぜる。
  4. ソースを、(2)のフライパンに流し入れ、全体が馴染むように、15分弱火で煮込む。お好みで、塩と胡椒を少々加えて仕上げる。

脚注

●トマティロとは、ほおずきのような皮を被った緑のトマト。赤いトマトより酸味が強く、サルサや、魚・肉料理に合い、メキシコ料理によく用いられます。水煮缶が輸入食品店で入手できますが、なければ赤トマトで代用できます。 ●ハラペーニョは、メキシコを代表する青唐辛子で、生でサルサに加えたり、焼いたり揚げたり様々な料理に用いられます。緑のタバスコは、ハラペーニョで作られています。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る