バジリコ風味のチキンカツ

シェフの話: 鶏のもも肉にバジリコとパロメザンチーズをまぜたパン粉をつけ、フライパンできつね色になるまで揚げる料理。

Suzanne

材料

人数分: 6 

  • 1個
  • パン粉 50グラム
  • 生の刻みバジル 大さじ2
  • 塩、黒コショウ 少々
  • オリーブ油 大さじ4
  • 生クリーム 大さじ7
  • 粉末パルメザンチーズ 大さじ4
  • にんにく 4かけ
  • 鶏のもも肉(皮なし) 1kg

作り方

準備:15分  ›  調理:40分  ›  料理:55分 

  1. オーブンは200度に温めておく。
  2. 中くらいのボールに卵と生クリームを入れ、泡だて器でよくまぜ合わせる。別の中くらいのボールでパン粉、パルメザンチーズ、バジル、にんにくのみじん切り、塩、コショウをまぜ合わせる。
  3. 鶏もも肉を洗い水気をふきとり、卵と生クリーム合わせた液につけ、パン粉をまぶす。強めの中火にかけた大きめのフライパンでオリーブ油を熱する。パン粉をつけた鶏肉をきつね色になりパン粉がパリッとするまで、片面5分ずつ揚げる。揚がったらオーブンの天板に移しアルミ箔をかぶせる。
  4. 温めておいたオーブンでアルミ箔をかぶせたまま15分焼く。アルミ箔を取りさらに15分間、焦げ目がついて完全に火がとおるまで焼く。

ヒント

鶏のムネ肉を使ってもおいしくできます。残りは翌日、トーストしたパンにはさんでサンドイッチにしてどうぞ。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る