タイ風チキンカツ

シェフの話: 鶏肉を唐辛子、ライム、レモングラスに漬け込んでから、ゴマをまぜたパン粉をつけて焼きます。アジア風のシャキッとしたグリーンサラダに入れると味が引き立ちます。軽い昼食として、夏の夕食としてどうぞ。

Shabern T.

材料

人数分: 10 

  • 青唐辛子 4個
  • ライムゼスト(皮のすり卸し) 大さじ1
  • パクチー 1束
  • レモングラス 1本
  • 小さじ1
  • マスタード 大さじ1
  • パン粉 60g
  • 炒りごま 大さじ1
  • 万能ねぎ 5本
  • ライムのしぼり汁 2個分
  • ナンプラー 大さじ3
  • (又はこぶみかんの葉で数枚で代用)
  • グラニュー糖 小さじ2
  • 鶏ムネ肉(皮、骨なし) 10枚
  • 卸しパルメザンチーズ 大さじ1
  • 塩、黒コショウ 少々

作り方

準備:10分  ›  調理:20分  ›  料理:30分 

  1. フードプロセッサーに刻んだ青唐辛子、万能ねぎの小口切り、ライムゼストとしぼり汁、刻んだパクチー半量、ナンプラー、レモングラス、塩、コショウ、マスタードを入れ、なめらかなペースト状にする。鶏肉を洗いボールに入れ、このペーストをかけて、冷蔵庫で1時間から4時間冷やす。
  2. オーブンは180度に温めておく。
  3. 皿かボールでパン粉、残りのパクチー、パルメザンチーズ、ゴマ、塩、コショウをまぜ合わせる。漬けておいた鶏肉の両面にパン粉をまんべんなくまぶす。(残りの漬け汁は捨てる)。
  4. 油をうすく塗った天板に鶏肉を並べ(カリッとした仕上がりにするにはオリーブ油を少し鶏肉にかける)、約20分間、鶏肉に完全に火が通るまで焼く。

ヒント

いろいろに使えるレシピです。焼きあがった鶏肉を細く切って、甘いチリソースを添えれば前菜になります。細切りにしてもそのままでも、アジア風のグリーンサラダによく合います。残ったらシャキッとしたレタス、モヤシと一緒に生春巻きにしてもとてもおいしいです。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る