こんにゃくとれんこんのピリ辛煮

シェフの話: こんにゃくは、表面に切れ目を入れることで味がしみやすく、また歯ざわりもよくなります。また、煮込む時に一度火からおろしてそのまま冷ますと、味がよくしみ込みます。

味の素(株) 日本 東京都

材料

人数分: 4 

  • れんこん 1 節
  • 「AJINOMOTO
  • 赤唐がらし 2 本
  • A 水 2 カップ
  • A 砂糖 大さじ 1
  • 少々
  • こんにゃく 2 枚
  • オレイン酸たっぷり べに花油 大さじ 2
  • A 「ほんだし」 小さじ1
  • A しょうゆ 大さじ4 1/2
  • A みりん 大さじ1

作り方

準備:10分  ›  調理:40分  ›  料理:50分 

  1. れんこんは皮をむいて7~8mm厚さの半月切りにし、酢少々を入れた水に放してアクを抜く。
  2. こんにゃくは両面に細かく鹿の子に切れ目を入れ、ひと口大に切る。
  3. フライパンに油大さじ1を熱し、(2)のこんにゃくを強火で炒める。表面に焦げ目がついたらザルにとり、熱湯をかけて油抜きする。
  4. (3)のフライパンに油大さじ1を加え、(1)のれんこんを炒める。
  5. 鍋にAを煮立てて煮汁を作り、(3)のこんにゃく、種を取って細切りにした赤唐がらしを加えて中火で20分ほど煮る。
  6. いったん火を止め、味をしみ込ませるために10分ほどそのまま冷まし、また火にかける。
  7. (4)れんこんを加え、更に10分くらい中火で煮る。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る