さんまの変わりフライ

シェフの話: 青じその風味豊かなさんまのフライです。バターライスを添えると、ちょっとおしゃれなブランチスタイルになります。

味の素(株) 日本 東京都

材料

人数分: 4 

  • さんま 4 尾
  • 青じそ 12 枚
  • 溶き卵 1 個分
  • 「AJINOMOTO
  • レモン 1/4 個
  • こしょう 少々
  • 小麦粉 適量
  • パン粉 1 1/2 カップ
  • 胚芽の恵みコーン油」 適量

作り方

準備:20分  ›  調理:10分  ›  料理:30分 

  1. さんまの胸ビレを持って頭を切り落とし、背を手前にして、腹側まで切らないように中骨に沿って尾まで切り込みを入れる。
  2. (1)のさんまの身を開いて腹ワタを取り除き、中骨をすき取るようにして包丁を動かし、尾のつけ根で中骨を切り取る。
  3. (2)のさんまの尾を手前にし、包丁の刃を上にして(返し刃)尾に近い所から右側の腹骨に沿って頭の方に切り込みを入れる。
  4. (3)のさんまの左側の腹骨も、同様に包丁の刃を上に向けて尾に近いほうから頭に向かって切り込みを入れる。
  5. (4)のさんまの頭の方を手前にし、切り込みを入れたところを包丁でなぞるようにして腹骨をすくっていき、頭の方から腹骨をつまんで、起こしながらすくい取り背開きにする。
  6. (5)のさんまを2~3等分に切り分けて、こしょうを振る。
  7. 青じそはせん切りにし、パン粉とよく混ぜ合わせておく。
  8. (6)のさんまに小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、(7)のパン粉をつける。
  9. フライパンに油を1mmくらいの高さまで入れて中火にかけ、少し熱してきたら(8)のさんまを2枚ずつ入れ、両面を時々返しながらカラリと揚げる。
  10. 皿に(9)のさんまとレモンのくし形切りを盛り合わせ、あればプティグリース(西洋野菜の新種。ほかの葉野菜でも代用可)のバターソテーを添える。

関連レシピ

レビュー&コメント (0)

レビューを書く

レシピを評価してください。

カテゴリをもっと見る